今どきカップルの婚約指輪事情

婚約指輪って必要?いつつけるの?と思われるカップルは多いのではないかと思います。結婚式にお金もかかりますし、昔多かった婚約指輪を差し出す求婚も少なくなってきています。彼女のサイズが分からない!ということで懸念してしまっている彼氏もいるでしょう。授かり婚ですと入籍~結婚式まで準備が慌ただしいので、結婚指輪だけというカップルも実際には多いです。そこで、婚約指輪をつける期間、結婚後はつけてもいいものかなど、エンゲージリングのあれこれをご紹介します。

つけてもいい期間は?婚約中だけ?

婚約指輪をもらったらぜひその日からつけてください!「婚約しています」という象徴なので、職場でも休日でももちろん可!もしサイズが合っていなかったらサイズ直しをし、エンゲージリングを楽しんでください。また正式に結納をする際には、記念品として贈るものになりますので、結納後から着用する人もいます。もちろん婚約期間につけるものですが、ソリティア(立て爪)にダイヤという定番のデザインのものですと、洋服にひっかかったり台所仕事の際には傷つけてしまうのであまり向いていません。そのようなデザインですと、普段使いよりはお披露目をする際につけるのがいいですね。

結婚後はつけててもいいの?重ねづけも可!

挙式で結婚指輪の交換をした後は、夫婦共に結婚指輪をつけますよね。婚約指輪をつける期間は終わってしまったのでしょうか?そんなことはありません!贈り物なのでもちろんいつつけても構いません!結婚式に出席する際や、夫婦の記念日、おめかしをした外出など、特別な時につける人が多いようです。また結婚指輪と重ねづけをするという人も!ダイヤが入っていても日常生活に支障が出ないデザインなら重ねづけもかわいいですよね。婚約期間を楽しむため、婚約した時の嬉しい気持ちを結婚後も忘れないためのエンゲージリング、ぜひ考えてみてはいかがでしょう。

結婚指輪が正式に結婚が成立した証として交換する指輪だとしたら、婚約指輪はその前に結婚したい意思表示として送る指輪となります。

婚約指輪って必要?!結婚後もつけていいの?