結婚式は誰のため!?

結婚式を挙げると決めた二人がまず行うのが結婚式場選び。その際に若い二人がついつい陥ってしまいがちなのが「おしゃれな式場がいいな」や「素敵なドレスが選べるところがいいわ」といったような、自分目線の式場選び。しかし、ちょっと待ってください。結婚式は二人の結婚をお披露目するとともに、来てくれた人に感謝を伝える場でもあります。また、招待された人にとっては二人をお祝いする場であることはもちろんですが、ご祝儀や交通費、衣装などなにかと負担がかかるもの。そんなゲストが気持ちよく過ごせるような会場選びの基本を挙げてみたいと思います。

「行き易い」「泊まり易い」「過ごし易い」が大事

ゲストに優しい会場選びでまず大切なことは「会場まで行きやすいか」です。会場までの移動は参列者にとってなかなかの負担になります。大きな駅に近い場所や、会場の近くまで通っている交通機関が多い場所はありがたいですね。最近はお手頃な価格でおしゃれな結婚式が挙げられる会場も増えていますが、こういったところは交通アクセスがよろしくない場合も多いです。その際は駅から送迎バスが頻繁に出ているかなどをチェックしておきましょう。次に挙げたいのは「宿泊がしやすいか」です。式の時間によっては、宿泊が必要になってくるゲストも多いはず。その際に会場内、もしくは併設する場所に宿泊可能な施設があることは必須です。結婚式シーズンなると宿泊が埋まってしまっているというケースもよくあります。必要な部屋数を早めにチェックし余裕をもって押さえておくと安心ですね。そしてもう一つ大切なことは「参加するゲストに見合った広さの会場」を確保することです。これは意外と見落とされがちですが、参加人数を事前にきちんと決めておかなかったばかりに、会場が広すぎたり狭すぎたりしてゲストが少々居心地の悪い思いをしたというケースもあります。

ゲストにとっても思い出に残る結婚式を!

本人たちにとっては結婚式はかけがえのない思い出に残るもの。しかしゲストにとっては、「会場が不便な場所だった…」「泊まるところが確保しにくかった…」「会場が狭くて動きづらかった…」などと些細なことでも印象が悪くなってしまう場合もあります。大切なことはゲストの気持ちになってみることです。心から「素敵な結婚式だったね!」と言ってもらえるためにも、会場選びの基本のきは押さえておきたいものですね。参加者すべてが心地よく過ごせる結婚式になりますように!

東京は何と言っても人が多いので、結婚する人も大勢います。予約をしたくてもなかなできない場合がありますので、結婚式場を東京に増やしてほしいものです。

これだけはおさえたい!結婚式場選びの基本のき